ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

Qまず基本として、レーシックとは、何か?
■A 目の表面にある角膜のカーブにエキシマレーザーを照射して 角膜の形状を変え、
    光の屈折率を調整することで 近視、遠視  乱視などを治す治療法。
 

レーシックの手術の流れ
■ 目の表面部分にレーザーを当てて、約100ミクロンの厚さで フラップというふたを作って
   めくる。
  次にその下の層にレーザを当てて、最後にフラップを戻す。 
  よく、「削る」とう表現を 使いますが、 実際はレーザーがミクロン単位で分子結合を
  切ってそれを飛ばしてしまいます。
 

品川トリプルRプレミアムイントラレーシックがオススメ!
■12年間の長期保証制度や1万症例以上の経験を有するドクター陣が中心となって
  チームを編成し、施術を担当「品川トリプルアールプレミアムイントラレーシック
  「プレミアムイントラレーシック」よりも更に効果や安全性が高まったお勧めの屈折矯正
  治療です。

品川近視クリニック症例数60万症例突破
■  施術を行なうドクターは、1万症例を超える経験豊富なドクターが 主任執刀医となって
   チームを  編成し担当します。(主任執刀医制度)
  
  10年間の長期安心保証 品川近視クリニックでは、施術後保証期間内であれば
  当院ドクターにより追加矯正が 可能と診断された場合1回目の再施術が無料で
  受けられます。
  




フッターイメージ